資金調達支援

当事務所では、会社の成長ステージや資金ニーズに応じて、資金調達に関するアドバイスをさせていただいております。

 

【報酬】

アドバイス:顧問契約の締結後は、顧問料の範囲内にて、アドバイスをさせていただいており、特に別途報酬は頂戴しておりません。
ただし、事業計画書や利益計画書、その他、金融機関やベンチャーキャピタル等投資家向けの資料の作成をお手伝いする場合には、集中的な作業が発生いたしますので、別途お見積もりのうえ、作成サポートをさせていただいております。

 

【資金調達におけるアドバイス】

資金調達には様々な種類や方法があります。会社の成長ステージや状況に合わせて、出資や借入などの方法を上手に組み合わせながら、適切な資金調達方法を選択していくことが何より大切です。ここでは、その一例を記載させていただきますのでご参考にしてください。

 

【資金調達一覧表】

ステージ/状況 種類 調達先 期間 注意点/アドバイス
会社創業時 出資

本人、縁故、知人等

5年以上 創業時の出資時点においては、将来の事がまだ見えていないこともあり、持株比率や株主など安易に決定してしまいがちです。ここは慎重に考えてください。株主は持株比率に応じて大きな権利を有すること、株主を排除することは非常に難しいことを。
借入

日本政策金融公庫/金融機関(保証協会付)

創業時の支援融資は様々とあります。所在の市町村区や保証協会への相談を通して、できるだけ長期で、金利の低い借入を選択していきましょう。

会社成長時

(新規事業展開含む)
増資 本人、取引先、知人等 必要に応じた期間 成長時においては、様々な手段を会社側の思うように駆使することができるステージです。じっくり考えて、適切な方法を考えていきましょう。
借入

日本政策金融公庫/金融機関 (プロパーも可)

業績悪化時 増資

本人、取引先、知人等

5年以上 業績悪化時の増資は、足元をみられ易いので、十分な注意が必要です。株価、発行株数、金額など、背に腹は代えられない状況かもしれませんが、他の手段も考えながら、慎重に決定してください。
借入

日本政策金融公庫/金融機関(保証協会付)

もっとも調達が困難なケースです。ただ、経済の状況によっては、セーフティーネット等様々な国の支援策がありますので、諦めずに素早く対応することで乗り切ることもできます。

○株式公開目標
○将来会社売却

増資

ベンチャーキャピタル
(VC)
本人、取引先、知人等

5年以上 株式公開や将来会社を売却するなどを目標にしているケースでは、VCなどの投資家から調達することも必要になると思います。しかしながら、ここでも注意しなければならないのが、株価や調達するタイミング、金額、など事前にしっかりと資本政策を練り上げるようにすることです。

 

【長期資金と短期資金】

資金調達の際に長期資金か、短期資金かで悩まれるケースもあるかと思います。その際には、今調達しようとしている資金が何のために必要なのか、どのくらいで回収できるのか、毎月の返済に余裕はあるか、などの観点から決めていただくことが大切です。私のアドバイスは、出来る限り長く、借入ができる間は出来るだけ借入でまかなうことを薦めています。